美肌

2011年05月26日

ステレオスペルマムの危機

前回、室内編の植物をご紹介しましたが、
その中のステレオスペルマム&フィットニア。
↓これですね。
ステレオスペルマム&フィットニアフランキー(大).jpg

根詰まりの恐れありだったので、先週の水曜日に植え替えを行ったのです。
鉢は、同じメーカーで同じ大きさの物の色違いを用意しました。
植え替えの鉢.jpg

黒い鉢の方は、入っていた土をそのまま再利用。
白い鉢の方は、底石+水苔。
根が複雑に絡み合っていたので、いったん全部の株を掘り出し、
その後2つの鉢に植え直したのですが。


一週間経った現在、えらいことになっております。
衝撃的です。










じゃん!

土植え.jpg

じゃじゃん!
水苔植え.jpg


見る影もありません……もうやだ〜(悲しい顔)


植え替えてすぐから様子がおかしかったので、
もしやとは思っていたのですが……。

・植え替え直後の黒鉢
 フィットニアがぐったりしています。
土植えの当初.jpg

・植え替え直後の白鉢
 スペルマムの先端が、くにゃんとうなだれているのがお分かりでしょうか?
水苔植えの当初.jpg


要因は色々考えられるのです。
1.掘り出す時に根を傷つけてしまったのではないか。
2.根をいじられたり掘り出されたショックが大きかったのではないか。
3.土植えから水苔植えという環境の激変について行けていないのではないか。
4.水苔をしっかり詰め込んでいなかったので、内部に隙間が多くできてしまい、
  水がうまく吸えていないのではないか。

白鉢の方は、たぶん1〜4の全部。
黒鉢の方は、元の土をそのまま戻してあるので3・4は該当しませんが、
だいぶ深く根を張っていたことを考えると、根をいじったストレスが
想像以上に大きかったのではないかと。

とりあえず、白鉢の方は水苔を増やして、しっかり詰め直しました。
最初の詰め方では株がぐらついていましたが、現在はちゃんと固定されています。
そのおかげか、ぐったりうなだれていた先端が、今日は少し持ち上がっています。
水をうまく吸い上げて、新しい枝葉を出してくれると良いのですが。

黒鉢の方は、ステレオスペルマム自体には大きな変化はありませんが、
ぐったりしていたフィットニアが少しずつ起きあがってきています。
少し落ち着いてきたようで、とりあえず一安心。

今回は、我ながら色々反省ですバッド(下向き矢印)
posted by 海月(くらげ) at 14:52 | Comment(2) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

空中庭園の植物紹介〜室内編〜

さて、ベランダ編が一通り終わりましたので、
次は室内で育てている植物をご紹介しましょう。

2011年5月13日現在、空中庭園の屋内エリアには、こんな植物たちがいます。


◎カラー
カラー(大).jpg
カラー(小).jpg
 思えば、海月宅の鉢物第一号はこの子でした。
 今のマンションに引っ越した時に、管理会社さんから蘭ということで戴いたのです。
 なんか海老茶色で小さなカラーみたいな形状の花が咲いていて。
 あまりに地味なので、まあ東洋蘭の一種かな?と思ったのですが、何か違う。
 今まで見てきた東洋蘭とは、葉の形状や堅さが全然違うんですよねぇ。
 その後、葉が全部茶色くしおれて干からびたようになってしまって、
 「こりゃ、ダメかな?」と思いつつも、根が生きていたら再生するかも、と
 ほとんど期待せずに適当に水やりをしておりましたら、春に新しい芽がexclamation×2目
 その後もぐんぐん成長するので、せめて種類だけでも特定しようとあれこれ調べたところ、
 どうやらカラーの一種であることが判明。
 蘭じゃないしむかっ(怒り)
 そして今年の4月初め、植え替えのために掘り起こしてみたら、ネットで見たカラーの球根に
 そっくりな塊が出てきました。
 ということで、カラーと確定。でも湿地性と畑地性のどちらなのかは不明。
 現在は最初に入っていたプラ鉢(茶色)と新しいプラ鉢(白)の2つに分けてあります。
 今年も元気に成長しているようで、何よりです。


◎胡蝶蘭
 上記のカラーの次に戴いた、鉢物第二号です。
 胡蝶蘭は育てるのが難しいとか、植え替えが必須だとか聞いていましたので、
 当時植え替えの経験すらなかった私は、うわぁどうしようがく〜(落胆した顔)と思いましたが、
 意外となんとかなるものですね。
 これを頑張って自分で植え替えた辺りで、植物に対する意識が少し変わってきました。
胡蝶蘭1−A.jpg
胡蝶蘭1−B.jpg
発育が良い方(写真上)を1−A、小振りな方(写真下)を1−Bとします。
1−Bの方は根の傷みが多かったので、回復に時間が掛かっていると思います。

最初の年、知らずに2番花まで咲かせてしまったこともあり、
去年は花を見ることが出来ませんでした。
でも今年、1−Aの方に、花芽のような物が……?
胡蝶蘭1−Aの新しい根と花芽らしき物.jpg
左の2つの突起は新しい根ですね。右の上向きのが花芽なんじゃないかと期待しています。


◎ステレオスペルマム&フィットニア
 戴いた鉢物第三号です。
 ステレオスペルマムはレモンライム、フィットニアはフランキーという品種です。
ステレオスペルマム&フィットニアフランキー(大).jpg
 土が乾いたらたっぷり水を遣ること、直射日光には当てないこと、
 この2点だけ守っていれば勝手に成長してくれるので、とっても楽です。
 とはいえ……最近ステレオスペルマムの葉が黄色くなってきていて、
 日焼けではないはずなので、もしかしたら根詰まりしているのかもしれません。
 これはなるべく早く植え替えてやらないといけませんね。

 この大鉢のステレオスペルマムとフィットニアから剪定して
 挿し木した物が根を出した辺りから、観葉植物への興味が芽生えました。
 私はどうやら、花を咲かせる植物よりも、観葉植物の方が好きなようです。
ステレオスペルマム(小).jpg
フィットニア フランキー(小).jpg
 剪定した枝から根付いた、ステレオスペルマムとフィットニア


◎ガジュマル1号
 以前、植え替え風景をご紹介した、ガジュマル1号です。
 自分で買った観葉植物第一号でもあります。
 相変わらず徒長気味ではありますが、とりあえず問題なく育っているようです。
ガジュマル1号.jpg


◎サンセベリア
 品種は書いてありませんでしたが、ローレンティーで間違いないと思います。
 購入後、あまりに変化がないため、成長していないんじゃないかと心配でしたが、
 一応根は伸びているので、のんびりと生きているようです。
 手が掛からなすぎて、ちょっと忘れられがちな子。
サンセベリア トラノオ.jpg


◎モンステラ
 これも品種が書いてありませんでしたが、特記していないということは
 一般的な品種であるデリシオーサなのでしょう。
 株が大きくなると、切れ込みの入った葉が出てくるようになります。
 うちのはまだまだですね。
モンステラ.jpg
 本当はデリシオーサではなく、別種であるマドカズラが欲しかったのです。
 でも、どこにいってもデリシオーサばかりで、マドカズラは全然見つからず。
 マドカズラを諦めきれないまま、珍しく見かけたヒメモンスを買ってみれば、
 これは最初から根腐れしている始末バッド(下向き矢印)
 購入したお店で交換させてもらうことになりましたが、他にこれといって心惹かれる
 観葉植物もおらず、結局デリシオーサを連れて帰ることに。
 これもご縁かなということで、大事にしております。


◎マドカズラ
 デリシオーサが海月宅に来てからおよそ一ヶ月後。
 いたんですよexclamationいつも行くホームセンターにexclamationマドカズラがexclamation×2
 その日は、夫の実家に母の日のお花を届けに行く予定でした。
 ホームセンターと書きましたが、正確には園芸館・ペット館でして、
 義母に贈る花や小物を買いに行ったんですね。
 で、レジに向かう途中、観葉植物のコーナーを通りかかったところ
 笑っちゃうくらいたくさん入荷していました。マドカズラ。
 この機会を逃したら、もう巡り会えないかもしれない!
 こうしてついに念願のマドカズラを手に入れました黒ハート
マドカズラ.jpg
 ……こんなに茂っているのが普通なのでしょうかたらーっ(汗)
 分けて植えた方が良いのかどうか、調べた方が良さそうですね。

 それにしても……もっと早くマドカズラを見つけていたら、あるいはヒメモンスが
 根腐れしなかったら、デリシオーサが海月宅に来ることは無かっただろうと考えると
 巡り合わせとは不思議なものですね。
 マドカズラもデリシオーサも、大事に育てたいと思います。


◎ネメシア
 以前、植え替え話の時に少し触れたネメシア(紫)です。
 あの数週間後に一度ひっくり返してしまったのですが、青々としているにも関わらず
 根は全然出ていなくて、どうやって生きているのかとビックリしました。
 それからまた何週間か経っているわけですが……
 ちゃんと光の射す方に曲がるし、枯れもしないし、さすがにもう、根は出ているよね??あせあせ(飛び散る汗)
 ネメシアの生命力は驚異的です。
ネメシア(紫・小).jpg


以上、空中庭園の植物紹介〜室内編〜でした。

posted by 海月(くらげ) at 17:30 | Comment(2) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

君は誰?

昨日、ベランダの新顔さん達をご紹介しましたが、
まだあと2点残っていましたあせあせ(飛び散る汗)

一つはこちら。
◎ダールベルグデージー
 黄色の小振りな花がたくさん咲いています。
 つぼみが次々に出てきているので、長く楽しめそうですね。
 ただ、アブラムシが大量につきそうなのが心配ふらふら
ダールベルグデージー.jpg



そして、もう一つの花なんですけれども。
下の写真を見て、ぱっと思い浮かべた名前は何ですか?
キンセンカ?.jpg



……キンセンカ?やっぱり?

これ、ホームセンターの見切り品コーナーのような一角にあったものなんですが、
この花のポットには名前の札が付いていなかったのです。
何という花だろうと近くのポットを改めましたら、オレンジの花に桃葉キキョウの名前が。
実は、日が経ってしまったせいでちょっと記憶が定かではなく、

1.同じオレンジの花が咲いているポットに、桃葉キキョウの札がさしてあった。
2.札に同じようなオレンジの花の写真が載っており、桃葉キキョウと書いてあった。

このどちらだったのかが分からないのですが、確かにオレンジの花+桃葉キキョウの文字
でした。
でも、帰ってから調べてみたら、桃葉キキョウ=カンパニュラなんですねバッド(下向き矢印)
では「桃葉」の部分が記憶違いだったかと「オレンジ キキョウ」で検索してみましたが、
こんな形でこんな色の○○キキョウはヒットせず。

じゃあ、君は……いったい誰exclamation&question

「花 オレンジ」で画像検索してみたら、花やつぼみの形状が限りなくキンセンカに
近かったので、おそらくこの子もキンセンカなのでしょう。
花自体を気に入って買ったものなので、それはそれで構わないのですが……
なんだかスッキリしないな〜^^;
posted by 海月(くらげ) at 13:53 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

新顔が増えました

前回、ベランダの花をご紹介したばかりですが、
この連休中にまた増加しましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

◎ペンタス(赤&ピンク)
 養生中だった先住のペンタスがついに枯れてしまいもうやだ〜(悲しい顔)
 その矢先にホームセンターで花盛りのペンタスを見かけたので、
 懲りずに買ってしまいました。
ペンタス.jpg


◎ランタナ
 パニックドーム オレンジバイカラーという品種です。
 ランタナは七変化というくらい、色が変化する花なんですね。
 でもこれはオレンジバイカラーだから……黄色〜オレンジ〜赤にしかならなそう。
ランタナ パニックドーム オレンジバイカラー.jpg


◎宿根バーベナ セレネ
 花の形やまとまり具合が、アジサイに少し似ていますね。
 『絨毯状に花が咲きます』と書いてあるのですが、絨毯状っていったいどんな状態??
 宿根バーベナ セレネ.jpg


◎スーパーベナ
 バーベナの改良種で、病気や雨に強いそうです。
 上記のセレネよりも、かなり濃い色の花が咲きます。
スーパーベナ ワインレッド.jpg


◎トレニア
 上記の花々と寄せ植えする予定なのですが、背が低いので埋もれてしまいそうですあせあせ(飛び散る汗)
 こうしてみると、小さな朝顔のようですね。
トレニア.jpg 


◎ペティ(八重)
 八重咲きのカリブラコアです。
 偶然見かけて、この色と形に一目惚れ!
 その場では商品が無くて買えなかったのですが、
 次に立ち寄ったホームセンターで見つけて、買ってしまいました。
 ハンギングにして、たくさん花をつけて貰いたいですハートたち(複数ハート)
小輪カリブラコア 八重咲きペティ.jpg


◎ネメシア
 先住のネメシア(紫)と寄せ植えにすれば、
 紫とクリーム色のコントラストが綺麗!なはず。
ネメシア.jpg


ここまでご紹介した新顔さん達は、実はまだ買ってきたビニールポットのままなのです。
というのも、通販で注文した土が、未だ届いていないので……。
ちなみに、海月宅で愛用している土はこちらです。

アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 花・野菜用

まあね、ホームセンターで買えばすぐ使えるのですけれどもね、
駐車場から部屋まで運ぶのが大変なので、配達して貰おうかと^^;
今週中に届くと良いな。
posted by 海月(くらげ) at 12:14 | Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。