美肌

2015年08月22日

モンステラと元気な仲間達

10日前に待機中だった、モンステラの新しい葉が開きました。
A36BhKD9S8ADDhSW4HYb27hS.jpg
だいぶモンステラらしくなってきました。
あんなに「葉に切れ込みが入らない!」と嘆いていたのが嘘のようです。
やっぱり、夏の太陽の力は凄いんだなあ。

Ed8VBC0tUf10FNeAT5NbBVXV.jpg
この気根、いつの間にか人工芝の下に潜り込んでいました。
引っ張ったら、ずるずると出てきてびっくりexclamation油断なりませんね。
だんだん、名前の通りモンスターっぽくなってきましたよ。

こちらは斑入りのアロカシア。
fBKB79e6MgQFa1SJ89y9Wa0K.jpg
夏の太陽の力で元気いっぱいですが、意外にも日焼けしていません。
白い部分も綺麗です。直射している時間が短いのかな?

そしてクッカバラ。
Na3AVFT3L3FBg31FUJU0Y3Ve.jpg
小さな葉がワサワサと出て、よく茂っています。
でも幹が伸びていないので、まだまだ「目」は出ませんね。

posted by 海月(くらげ) at 23:42 | Comment(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

パキポディウム幼苗にアクシデント

グラキリウスの方は本葉も出てきたし、そろそろ写真を撮ろうかと思っていた矢先……
幼苗たちの上にバケツが落下するアクシデントが発生がく〜(落胆した顔)
幸い苗は無事でしたが、水遣り後で脆くなっていた紙ポットが2個損壊。
手頃な大きさの鉢の在庫がなかったので、大き目の鉢にまとめて植え替えました。

植え替え作業中、紙ポットの中心部の土が乾いている事に気付きました。
水が中まで届いていない……?
これはおそらく、紙ポットのせいというより、使用した土の問題なんだと思います。
乾きやすいというか吸水性が良くないというか、とにかく水をかけてもいつもふわふわしている感じで、気になってはいたんですよね。
パキポディウムにとっては、水はけが良くていいのかもしれませんが、幼苗の頃は水を切らさないほうがいいはずだ!と勝手に判断して、紙ポットが破損しなかった物も全部植え替えることにしました。

IMGP9400.jpg
グラキリウス3株。

IMGP9405.jpg
幅広いのが双葉、細長いのが本葉。

IMGP9401.jpg
こんなにちっちゃくても、ぷっくりしているんですねえ。

IMGP9398.jpg
白い鉢がサウンデルシイです。

IMGP9399.jpg
グラキリウスに比べてノッポですね。こちらはまだ本葉が出ていない様子。


話は変わって、久しぶりのシェフレラさん。
IMGP9402.jpg
梅雨ごろから全く動きがなく、成長が止まってしまったのかと思いましたが、
ここに来て一気に新しい葉が出てきました。

IMGP9403.jpg
葉が出てこない間は茎の先端から5センチほどが膨らんだようになっていて、なにやらベタベタする蜜のようなものが付いているし、新芽が枯れたような黒く縮んだものが見えるしで、太くなった先端を切ってしまった方が良いのかと思ったりもしました。
でも、とても小さな新しい葉のような物が出ていたので、もしやと思って様子を見ていたのですが、本当にあの時切らなくて良かったと思います。


IMGP9404.jpg
モンステラも新しい葉が待機中ですわーい(嬉しい顔)

posted by 海月(くらげ) at 15:25 | Comment(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。