美肌

2011年10月18日

ウサギに噛まれると

お見苦しい写真ですみません。
噛まれて内出血.jpg
左の矢印:歯形がぽっちり。噛まれた直後は出血しました。
右の矢印:歯形はうっすらですが、内出血で周囲が青黒くなっています。

手袋(運転用の指ぬきタイプの物)ごしでこれですから、
直接だったら大きな歯形が付いていたかも!?
ちなみに、手袋は破れましたたらーっ(汗)

実はこの時、マーブルが一番嫌がることをしていました。
それは、仰向け抱っこでお尻のブラッシング。
ウサギは捕食される動物ですから、無防備なお腹が晒されることを
非常に嫌います。
それでも、大人しい子ならじっと我慢してくれるのかもしれませんが、
マーブルは気が強い子なので、足を蹴り上げて大暴れします。
そこまで嫌がることをなぜしているのかというと、
長毛種は毛玉が出来やすく、また排泄物でお尻が汚れやすいため毎日のケアが必要で、
一応、仰向けにせずお尻を上に持ち上げる形で手入れすることも可能ですが、
その体勢だとお腹に近い部分が全く見えないので、思い切って仰向けにしてしまうのが
世話をする人間からすると一番都合が良いのです。

マーブルは、暴れつつも、少し前まではなんとか我慢してくれていました。
しかし、約一週間前の日曜日。
毛がガビガビになるくらい右目から涙が出るので、初めて病院に連れて行ったのですが、
その時に飼ってから一度もしていなかった爪切りもして頂いたのです。

知らない場所で。
知らない人たちに囲まれて。
嫌いな仰向け抱っこを何回もされて(※逃げるからです)
足の爪まで切られた!

とっても、とーっても、嫌だったのでしょうね。
それ以降、仰向け抱っこへの拒絶反応が凄まじく、
ついに今日は「ぶふっ!ぶふっ!」と抗議の声を上げながら
噛みついてきました。
そこからしばらくは、ウサギと人間で取っ組み合いの喧嘩です(−_−;
今朝噛まれた怪我の半分は、「そんなに噛みたいなら、さあ噛め!」と
口に手を突っ込んだ結果だったりします。。。


『仰向け抱っこは、診察を受ける時や爪を切る時などに、どうしても必要だよ』
という意見は、色々な場所で目にします。
しかし、ここまで嫌がるものを無理矢理続けることは、
お互いのために良くないんじゃないかという疑問が消えません。
答えは一つではなく、また教科書通りでも無いことは分かります。
今のマーブルに対しては、どうするのが一番良いのか。
一般的な知識を得ようとするよりも、マーブルをよく観察しながら考えないと
いけないのかもしれませんね。


ところで、病院に行く切っ掛けとなった目の異常ですが、
処方された人間用(!)の目薬を差していたら、
涙は治まってきたようです。
牧草を食べるマーブル.jpg
まだ、目頭の毛が少し固まっている時があります。

と、うっかりフラッシュを焚いてしまったせいか、
後ろを向かれてしまいました。
撮影拒否?.jpg

私:マブちゃん、ごめんごめん。こっち向いて〜
マ:・・・・・・。

ふーんっ.jpg

撮影拒否だそうですたらーっ(汗)

posted by 海月(くらげ) at 12:36 | Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。