美肌

2013年11月10日

一年ぶりの近況報告

お久しぶりです、海月です。
前の更新から、もう一年以上経つのですね。
記事を読み返してみると、ああこの頃はおむつ替えと授乳に追われていたなあ、としみじみ振り返ったり、
その一方で、なんであんなに余裕がなかったんだろう、もう少し気楽にやれたんじゃないか、と他人事のように思ってみたり。
子供も1歳5ヶ月になり、最近ようやく歩けるようになってきました。
一人遊びの時間も長くなり、少し放っておいても大丈夫……でも気づくとやらかしているので、まだまだ目は離せないのかなあせあせ(飛び散る汗)

さて、この一年の間、植物たちにも色々変化がありました。
今年の5月、胡蝶蘭がまた花を咲かせてくれました。それも二株同時に。
胡蝶蘭.jpg
前回は大きい方の株に一輪だけだったんですよね。
今回は、小さい株に3輪、大きい株に4輪、花が咲きました。
特別な手入れは何もしていなくて、室内でずっとほったらかし。
水やりも忘れていることが多いので、思い出した時にやる程度。
水苔は常にカラカラだった気がします。
もしかしたら、そんな過酷な(?)環境が良かったのかしら?
また来年も咲かせてくれると良いですね。

そんな一方で、マドカズラが一鉢ダメになりつつあります。
なんでしょう、こちらはあまりカラカラにしない方がいいような話だったので、
なるべく思い出した時に水やりをしていたのですが、水苔の方の鉢が根腐れを起こしているらしく、急激に枯れ始めてしまいました。
根詰まりなのか、根腐れなのか……鉢を開けて確認したいところですが、ちょっとそこまで手が回りません。
来年の春まで保つかな?無理かな?

他の植物たちはこれといって大きな変化はなく、サンセベリアが地味に成長していることと、モンステラの葉が常に3枚の状態を保ちつつ、生え替わっていることくらいでしょうか。
相変わらず、モンステラに切れ込みは見られませんバッド(下向き矢印)

マーブルも元気です。
避妊手術の影響なのか、それとも年齢的に落ち着いたのか(もう2歳半です)
以前よりも穏やかになった気がします。それでも、油断していると囓られますけどね。
不思議なことに、娘のことはあまり囓らないようです。
私たち大人がサークルに指を入れると威嚇してきたものですが、娘が指を入れてもあまり怒りません。
もちろん、最初の頃は軽く威嚇していましたが、娘が臆さず手を突っ込み毛を鷲掴みするので、圧倒されたのかもしれません。あるいは「こいつには言っても無駄だわ」と諦めたのかも?

さて、娘とマーブルが仲良くやっているのは嬉しいのですが、一つ気になることがありまして。
それは「チモシーアレルギー」です。チモシーはウサギの主食になるイネ科の牧草。
イネ科のアレルギーが出てしまうことがあるのです。
ウサギを飼っているのにチモシーアレルギーが出てしまうと、色々大変です。
そして、どうやら私はそのアレルギーを発症してしまったようで……どんっ(衝撃)
この辺の話は、また今度詳しく書いてみたいと思います。



posted by 海月(くらげ) at 12:27 | Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。