美肌

2015年08月22日

モンステラと元気な仲間達

10日前に待機中だった、モンステラの新しい葉が開きました。
A36BhKD9S8ADDhSW4HYb27hS.jpg
だいぶモンステラらしくなってきました。
あんなに「葉に切れ込みが入らない!」と嘆いていたのが嘘のようです。
やっぱり、夏の太陽の力は凄いんだなあ。

Ed8VBC0tUf10FNeAT5NbBVXV.jpg
この気根、いつの間にか人工芝の下に潜り込んでいました。
引っ張ったら、ずるずると出てきてびっくりexclamation油断なりませんね。
だんだん、名前の通りモンスターっぽくなってきましたよ。

こちらは斑入りのアロカシア。
fBKB79e6MgQFa1SJ89y9Wa0K.jpg
夏の太陽の力で元気いっぱいですが、意外にも日焼けしていません。
白い部分も綺麗です。直射している時間が短いのかな?

そしてクッカバラ。
Na3AVFT3L3FBg31FUJU0Y3Ve.jpg
小さな葉がワサワサと出て、よく茂っています。
でも幹が伸びていないので、まだまだ「目」は出ませんね。

posted by 海月(くらげ) at 23:42 | Comment(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

パキポディウム幼苗にアクシデント

グラキリウスの方は本葉も出てきたし、そろそろ写真を撮ろうかと思っていた矢先……
幼苗たちの上にバケツが落下するアクシデントが発生がく〜(落胆した顔)
幸い苗は無事でしたが、水遣り後で脆くなっていた紙ポットが2個損壊。
手頃な大きさの鉢の在庫がなかったので、大き目の鉢にまとめて植え替えました。

植え替え作業中、紙ポットの中心部の土が乾いている事に気付きました。
水が中まで届いていない……?
これはおそらく、紙ポットのせいというより、使用した土の問題なんだと思います。
乾きやすいというか吸水性が良くないというか、とにかく水をかけてもいつもふわふわしている感じで、気になってはいたんですよね。
パキポディウムにとっては、水はけが良くていいのかもしれませんが、幼苗の頃は水を切らさないほうがいいはずだ!と勝手に判断して、紙ポットが破損しなかった物も全部植え替えることにしました。

IMGP9400.jpg
グラキリウス3株。

IMGP9405.jpg
幅広いのが双葉、細長いのが本葉。

IMGP9401.jpg
こんなにちっちゃくても、ぷっくりしているんですねえ。

IMGP9398.jpg
白い鉢がサウンデルシイです。

IMGP9399.jpg
グラキリウスに比べてノッポですね。こちらはまだ本葉が出ていない様子。


話は変わって、久しぶりのシェフレラさん。
IMGP9402.jpg
梅雨ごろから全く動きがなく、成長が止まってしまったのかと思いましたが、
ここに来て一気に新しい葉が出てきました。

IMGP9403.jpg
葉が出てこない間は茎の先端から5センチほどが膨らんだようになっていて、なにやらベタベタする蜜のようなものが付いているし、新芽が枯れたような黒く縮んだものが見えるしで、太くなった先端を切ってしまった方が良いのかと思ったりもしました。
でも、とても小さな新しい葉のような物が出ていたので、もしやと思って様子を見ていたのですが、本当にあの時切らなくて良かったと思います。


IMGP9404.jpg
モンステラも新しい葉が待機中ですわーい(嬉しい顔)

posted by 海月(くらげ) at 15:25 | Comment(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

パキポディウム発芽☆

7月3日に蒔いたパキポディウムの種に、ようやく動きがありました。
IMGP9396.jpg
グラキリウス 5粒中4粒発芽
ただし、内1粒は発根したものの双葉になる辺りにカビが発生。
これはもう成長しないでしょう……。
というわけで、今後は3株を観察していきます。

一方、サウンデルシーは
IMGP9397.jpg
発芽したのは1粒だけ。
全滅よりマシだと喜ぶべきなのでしょうかたらーっ(汗)
望みは薄そうですが、残り4粒の発芽も待ってみたいと思います。

どちらも発芽までに20日ほどかかりました。
蒔いた次の日から急に気温が下がって、涼しい日が続くようになってしまったので、
ヒリアーテェ同様パーム蒔きにしたほうが良いのかと悩みました。
でも発芽までの日数に大差がないので、結果的には間違っていなかったかな?
サウンデルシーは1株しかないので、腐らせたり枯らしたりしないように気をつけなくてはexclamation


そういえば、前回太ももからも気根が出ていたガジュマルですが
ガジュマル鉢底の根.jpg
鉢底からこんなに根が出ていましたあせあせ(飛び散る汗)
もしかして、根からの栄養が足りなくて気根を出していたのかしらexclamation&question
植え替えようと思って表面の土を除けてみたら
ガジュマル地表の根.jpg
見えるでしょうか?鉢に沿って根が這っています。
これは相当、根が詰まっているようだふらふら
案の定、掘ったり鉢を叩いたりしてもなかなか抜けず。
四苦八苦して、ようやく引っ張り出したのがこちら。
ガジュマル根の全容.jpg
上から下まで、根がびっしりexclamation おかげで見事な地層が出来ています。
一番下の鉢底石の層だけ取り除いて、やや大きめな鉢に植え替えました。
ガジュマル植え替え後.jpg
ついでに、重みで転倒しやすくなっていた挿し木の方も植え替え。
またこの鉢で大きくなっておくれ黒ハート

posted by 海月(くらげ) at 11:10 | Comment(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

パキポディウムの種をまく

ガジュマルやトックリランのように、根元がぷっくり膨れるものを塊根植物(コーデックス)といいます。
私はもともと独特の姿形をした植物が好きですなのが、トックリランの購入をきっかけにコーデックス類への関心が強くなりました。
で、色々調べているうちに、やはり自分でも育ててみたくなり……
実生栽培第2弾!パキポディウムです黒ハート

パキポディウム属の仲間はたくさんおりまして、全部が全部ぷっくり膨れるわけではないようです。
また、膨れる種類であっても、原産地のアフリカで育ったもののようには大きくならなかったり、ということもあるようです。
でも!日本の実生物でも、輸入された現地物に劣らない姿形に成長しているものもありますので、それを目指したいと思いますわーい(嬉しい顔)

◎パキポディウム・ロスラーツム変種グラキリウス
 和名:象牙宮
グラキリウス.png
和名については、こんな説があります。
日本に入ってきた当初、グラキリウスには「シバの女王の玉櫛」という名がつけられました。「象牙宮」という名はパキポディウム・デンシフローラムにつけられたのですが、いつの間にか両者が入れ替わり、今ではグラキリウスが象牙宮として定着しているそうです。
成長後のグラキリウスの肌を見ると「まさに象牙宮」という感じですし、名前が入れ替わったのは自然な流れだったんじゃないかな〜と思いました。

◎パキポディウム・サウンデルシイ
 和名:白馬城
サウンデルシイ.png

象牙宮だの白馬城だの、やけにキラキラした和名ですが、成長後の姿を見るとなんとなく納得。
[参考]・象牙宮
   ・白馬城
でも、かなり成長しないとつるつるすべすべお肌にはならず、小さいうちはサボテンのようにトゲトゲなんだそうです。

早く大きくなってくれることを願いつつ、セリアの紙ポット+種まき用の土に蒔きました。
種まき.png
posted by 海月(くらげ) at 15:13 | Comment(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

気根がワサワサ

モンステラがまた新しい葉を出したわ〜わーい(嬉しい顔)
と微笑ましく眺めていたところ、恐ろしいことに気付きました。
IMGP9151.jpg
気根が物凄い勢いで増えてるexclamation×2
先月頃から、支柱を離れてだらーんとした状態が続いていて、どうしたもんかな〜とたびたび持ち上げたりしていたんですが、そのときはここまで伸びていなかったんですよね。
その後は葉の状態にばかり意識が行っていたようで、まったく気付きませんでした。
IMGP9152.jpg
根元にも細い気根がいっぱい出てるしたらーっ(汗)
モンステラは熱帯植物ですから、蒸し暑くてジメジメする日本の梅雨に、大喜びで成長しているのかもしれません。

熱帯植物といえば、ガジュマルも。
IMGP9155.jpg
太ももから気根が……がく〜(落胆した顔)
この子は枝の成長振りも素晴らしくて
IMGP9154.jpg
ちょっとどんな姿になるか想像できない個体です。
IMGP9156.jpg
右は上記のガジュマルから挿し枝したもの。こちらも元気です。
左はもう一つのガジュマル。こちらは一見綺麗にまとまって見えますが、実はあまり元気ではなく、根が一部スカスカになっています。

同じく熱帯植物のクッカバラ。
IMGP9153.jpg
こちらもだいぶ大きくなりましたわーい(嬉しい顔)
……が、最近カイガラムシに付かれてしまって、少々心配です。
とりあえず、定期的にオルトランを撒いて様子見。

ところで、以前ボーカルネア・ヒリアーテェの実生栽培で、種が一つ発芽した!というところで記事が止まっていたかと思います。
最終的には3つ全部発芽しましたが、1つは成長途中で脱落。
現在、2株が成長中ですぴかぴか(新しい)
が、成長が非常に遅く、
IMGP9157.jpg
未だこんな状態たらーっ(汗)
これ、観賞できるようになるまで何年かかるのかしらexclamation&question

posted by 海月(くらげ) at 10:49 | Comment(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。