美肌

2013年11月14日

牧草アレルギーについて(追記あり)

「これからウサギを飼おうかな」と考えている方には、ぜひ知っておいて頂きたいことがあります。
それは、牧草アレルギー。
ウサギの主食である牧草は、大半がイネ科の植物です。
イネ科植物の花粉というのは、実はアレルゲンになり得る物でして、
早い話が、牧草アレルギーとはイネ科植物由来の花粉症というわけです。
スギ花粉症については、毎年2月頃から花粉飛散量がニュースになったりしますので、大抵の人が知っていると言っても過言ではないと思いますが、イネ花粉症については滅多に触れられませんので、病院や薬局のポスターなどで偶然見かけて覚えていたとか、身近に発症した人がいたとかでもなければ、まず知らないのではないでしょうか。


◎注意が必要な牧草の種類

★チモシー(和名:オオアワガエリ)
 ウサギの牧草として、最も流通している種類です。
 刈り取る時期によって、一番刈り、二番刈り、三番刈りと分けて売られます。
 一番刈りが一番繊維質で硬く、二番刈り、三番刈りと柔らかくなっていきます。
 ウサギの健康のためには一番刈りが最適ですが、硬い物ほど細かい粉が出やすく、
 この粉はアレルギー反応を引き起こす最悪の代物です。
 三番刈りは柔らかいので、ウサギの歯を削るという役目は一番刈りほど期待できま
 せんが、粉が出にくいので、アレルギー持ちにとっては比較的扱いやすいです。

★オーチャードグラス(和名:カモガヤ)
 単体ではチモシーほどメジャーな牧草ではないようですが、チモシーより強い反応
 が出るという人もいるので、要注意。
 オーチャードグラスの穂先は、チモシーの一番刈り、二番刈りに良く混じっている
 そうです。この穂先から出る粉も、やはりアレルギー反応を引き起こします。

※上記以外の牧草なら絶対にアレルギーにならない、という確証はありません。


◎発症に気づくまで
 最初に申し上げておきますと、私はきちんとアレルギー検査を受けたことがありませ
 ん。従って、自分がどの花粉に対して反応するのか、把握できておりません。
 ただ、毎年ゴールデンウィーク頃に花粉症の症状が出ますので、ヒノキ花粉症を
 持っているだろうとは思っていました。
 
 娘を妊娠中、今までよりも早い時期から、花粉症の症状が出ていました。
 妊娠中は過敏になるから、ついにスギにも反応したのかな?薬を飲めないから
 辛いなあと思いつつ過ごし、やがて出産→退院→ほどなく夫実家へ。
 入院中に空調で喉をやられたようで、しばらく咳が出ていた記憶があります。

 やがて8月に入り、自宅に戻ってきました。
 何日か過ごすうち、また花粉症のような目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、そして咳。
 ある日の夜、喘息のような咳が出始めました。
 慌てて夜間診療に行きましたが、当然処方されるのは普通の風邪薬。
 翌日、ちょうど娘を耳鼻科に連れて行ったついでに診てもらうと、ハウスダストかも
 しれないとのことで、漢方薬と授乳中でも飲める薬を頂きました。
 このとき、ウサギの毛やチモシーの欠片のことが頭をよぎりましたが、マーブルを
 触ってもチモシーを触っても、すぐにジンマシンやくしゃみが出る様子はなかった
 ので、2ヶ月ちかく家を空けていたから埃がたまっているのかなあ?と思い、育児の
 合間に出来る範囲で掃除をして過ごしていました。
 
 そんなある日の明け方。
 また喘息のような咳が出始め、今度は呼吸の度に喉がゼーヒューゼーヒュー鳴り出し
 ました。
 さすがにこれはおかしい。絶対に風邪じゃないし、ただの埃でもないのでは!?
 どうせ寝ていられませんし、すぐに起き出してチモシーのアレルギーについて調べて
 みると、出てくる症状に見事に一致。
 ようやく、自分が牧草アレルギーであると認識したのでした。


◎具体的な症状
 個人差があるようなので、あくまでも私の場合ということで読んでください。

 ・チモシーの茎が腕の内側などに触れると、次第に赤くみみず腫れになり痒くなる。
 ・チモシーに触れてしばらくすると、くしゃみ、鼻水、目の痒み、咳が出る。
 ・体中が痒くなる。

 恐ろしいのが、触ってすぐに反応が出るとは限らず、数時間後だったり、半日以上
 経ってから急に酷い反応がでたりするのです。
 おかげで、牧草に素手で触ったり、粉を吸い込んだのが原因だと気づくのが遅れまし
 た。


◎対処法
 一番良い方法は、アレルゲンに接触しない環境を作ること……
 すなわち、ウサギを手放す事なのでしょう。
 実際、内科の先生には「一刻も早く手放してください」と言われました。
 それはお医者さんとしては当然の言葉だと思います。
 今の環境は免疫系統を引っかき回している事と同じなので、将来、喘息やリウマチ
 などの免疫疾患を引き起こす恐れがあるそうですし、免疫系の病気は一度かかると
 薬では治せないので、発症そのものを防ぐしかないそうで、先生にとっては当然、
 患者>ウサギですからね。

 でも、飼い主にとって、手放すというのはなかなか厳しい選択です。
 保健所行きは一番避けたいですし、かといって引き取って貰えるあてもなく……
 飼い続ける前提で、なるべくチモシーに触れない方法を実践中です。
 
 ・チモシーを扱う時はゴム手袋をする。
 ・チモシーを扱う時はマスクをする(……これはさぼってますたらーっ(汗)
 ・穂先が無く、粉も出にくい牧草を使用。
  チモシー三番刈り、オーツヘイ、クレイングラスなど。
  ※ただし、三番刈りは稀に穂先が混入していることがあるので、油断は禁物。
 ・空気清浄機を設置する。
 ・こまめに掃除をする。(……最近さぼりがちな気がたらーっ(汗)
 ・子供の近くではチモシーの補充などをしない。
  ※えさ箱から勝手に抜き出して遊んでいたりするけどがく〜(落胆した顔)

 私の場合、症状は慢性的に出ています。
 それだけ進行しているということでしょうか。
 風邪を引いたりすると、ここぞとばかり症状が悪化するので、体調管理に気をつける
 のも大事ですね。あと、ストレスを溜めるのも良くないそうです。

 今、イネ科植物にアレルギーの無い人でも、蓄積するといつ発症するか分かりませ
 ん。これから牧草を扱う予定の人は、しっかり対策してくださいね。


☆追記(2015年8月12日)
 上記の方法を約1年半続けた成果……と言ってしまって良いのか分かりませんが、
 現在、花粉症の症状は慢性的では無くなりました。身体に直接触れないようにする&
 粉を吸い込まないようにすることは、やはり大事だと思います。

 ・チモシーを扱うときはゴム手袋を着用。
  → 使い捨ての薄い物だと、何かの拍子に破ける恐れがあるので、一般的なゴム
    手袋(ピンクやグリーン色の水仕事用の物)を使用しています。

 ・チモシーを補充するときやウサギ小屋の掃除をするときは、極力、粉を吸い込まな
  いようにする。
  → マスクの着用が面倒なので、作業中は息を止めたり顔を背けたりしています。
    それだけでも効果はあるようですが、安全の保証は致しかねます。
    基本的には、マスク(できれば花粉用)の着用をお勧めします。
    
 ・牧草はチモシー3番刈りを使用。
  → 穂先や固い部分が少ないので、粉の発生量はだいぶ減っていると思います。
    ネットショップで購入していますが、刈り入れと入荷の時期によっては2番刈
    り並みの固い物が来るので要注意。

posted by 海月(くらげ) at 17:13 | Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

初めての換毛期

避妊手術の記事をちょっとお休みして、季節の話題を一つ。

マーブルさん、ただいま絶賛換毛中です。

抜け毛.JPG
一番左に写っているのは、スリッカーブラシ。
短いワイヤーが何本も植わっている、柔らかめの剣山のようなブラシです。
右はそれで掻き取った抜け毛の山。わずか5分ほどの作業で、この量です。
作業台に使った座椅子は、舞い散る抜け毛で真っ白に……。

スリッカーブラシは毛を引っ張る動きになるので、
通常時だとマーブルは凄く嫌がるのですが、
この換毛期中は毛が抜ける感触が気持ち良いのか、
大人しくブラッシングされておりました。
ただ、スリッカーブラシを使うと表面の毛が激しく舞い散るような気がするので、
私の方が辟易してしまい、最近は普通のクシで静かに梳いてやることが多いです。
普通のクシでも、じゃんじゃん抜けますよ〜。ちょっと楽しいですわーい(嬉しい顔)
空気清浄機2台を強運転させたり、ブラシ後は服や家具に付いた抜け毛を粘着テープで集めたりと、色々大変ではありますが。

ごっそり毛が抜けたおかげで、マーブルの面相がずいぶん変わりました。
半年ほど前の写真ですが、換毛前(冬毛の頃)はこんな感じ。換毛前.jpg

換毛中の現在。
換毛中.jpg
おでこの毛が短くなっているのですが、お分かりでしょうか?
頬毛は相変わらずふさふさなのに、額の毛は短くてぺったんこなので、
なんだか落ち武者みたいになっていますもうやだ〜(悲しい顔)

全体的に、夏向きの固くて太めの毛がだいぶ目立つようになりましたが、
冬のもふ毛はまだまだ残っていますので、しばらくは抜け毛に悩まされることでしょう。
私の出産は来月半ば予定……それまでに収まってくれるといいのですがたらーっ(汗)


posted by 海月(くらげ) at 11:13 | Comment(2) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

構って欲しいウサギ

マーブルは、日中たいていは昼寝をしていますが、時々目を覚まして退屈している時があります。
そんな時にうっかりケージに近づいてしまうと、もう大変。
全力で呼び止められます。


※容量を最低限に抑えるため、画質を落としてあります。


透明な扉を長い爪でバリバリとかきむしり、あぐあぐと歯を立てる姿は、猛獣さながら。
正面から見ると、押しつけられた唇が妙に人間ぽくって、いささか不気味ですふらふら
こうアピールされると、無視するのも可哀想な気がして、つい構ってしまいます。
あ、だから味を占めて呼び止めるのかたらーっ(汗)
なので、「今は相手をしたくないな〜」という時は、遠回りをしてなるべく目を合わせないようにやり過ごしています。

相手をしてやれない時に、ケージの側で作業をすることもあるのですが、
そういう時は「今は忙しいからダメよ。後でね」と声をかけると、意外と聞き分けたりします。
作業をしているところをよく見せながら、きっぱりと「後でね。あーとーで。」と何度か言い聞かせると、「今はダメなんだな」と分かるようで、大人しく待ってくれます。
その代わり、終わるまで穴が空くほど凝視されますが^^;

マーブルも一ヶ月後には1歳。
大人に近づいて、少しは落ち着きが出て……くれるといいな〜。

posted by 海月(くらげ) at 10:31 | Comment(2) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

ウサギのキモチ

今月の初め、遠距離にある実家に帰省したところ、
見事に風邪菌を拾ってきてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
くしゃみ→喉の痛み→鼻水→熱→咳と展開して、
未だ咳の段階で止まっておりますたらーっ(汗)
妊婦で強い薬が飲めないからなのか、今年の風邪の特徴なのか分かりませんが、
長引きますねぇ。。。
新年はスッキリ迎えたいぞexclamation


さて、帰省中の約一週間、マーブルを夫の実家で預かって貰いました。
実家の人たちとは事前に引き合わせてありましたが、
見知らぬ場所で見知らぬ人たちと接することが、どれだけのストレスになるかは
見当が付きません。
神経質になって暴れたり、食欲が落ちたりしないだろうか?と心配していましたが、
出発の日、「朝のペレットは完食、牧草もよく食べ、人懐こく寄ってこようとする」
との報告に拍子抜け。
なんだ〜。キミ、順応性高いね!そういえばうちにもすぐ馴染んだっけね!
まあ、繊細すぎて体調を崩すような子より、「気にしな〜い」と言ってくれる大らかな子の方が
扱いやすくて良いですが。

そんな肝の据わったウサギさんのマーブルではありますが、
彼女なりに寂しい気持ちはあったらしく。
帰ってきてしばらくの間、「構って構って!撫でて!もっと撫でて!」と、
すっかり甘えたさんになっておりましたわーい(嬉しい顔)
そして、つられてつい頭撫でを解禁してしまう私。
あーあ……と思いつつも、嬉しそうに撫で回されているマーブルを見ると、
この方が人もウサギも幸せなのかもしれないなあ、という気持ちになるのでした。
posted by 海月(くらげ) at 12:47 | Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

ウサギに噛まれると

お見苦しい写真ですみません。
噛まれて内出血.jpg
左の矢印:歯形がぽっちり。噛まれた直後は出血しました。
右の矢印:歯形はうっすらですが、内出血で周囲が青黒くなっています。

手袋(運転用の指ぬきタイプの物)ごしでこれですから、
直接だったら大きな歯形が付いていたかも!?
ちなみに、手袋は破れましたたらーっ(汗)

実はこの時、マーブルが一番嫌がることをしていました。
それは、仰向け抱っこでお尻のブラッシング。
ウサギは捕食される動物ですから、無防備なお腹が晒されることを
非常に嫌います。
それでも、大人しい子ならじっと我慢してくれるのかもしれませんが、
マーブルは気が強い子なので、足を蹴り上げて大暴れします。
そこまで嫌がることをなぜしているのかというと、
長毛種は毛玉が出来やすく、また排泄物でお尻が汚れやすいため毎日のケアが必要で、
一応、仰向けにせずお尻を上に持ち上げる形で手入れすることも可能ですが、
その体勢だとお腹に近い部分が全く見えないので、思い切って仰向けにしてしまうのが
世話をする人間からすると一番都合が良いのです。

マーブルは、暴れつつも、少し前まではなんとか我慢してくれていました。
しかし、約一週間前の日曜日。
毛がガビガビになるくらい右目から涙が出るので、初めて病院に連れて行ったのですが、
その時に飼ってから一度もしていなかった爪切りもして頂いたのです。

知らない場所で。
知らない人たちに囲まれて。
嫌いな仰向け抱っこを何回もされて(※逃げるからです)
足の爪まで切られた!

とっても、とーっても、嫌だったのでしょうね。
それ以降、仰向け抱っこへの拒絶反応が凄まじく、
ついに今日は「ぶふっ!ぶふっ!」と抗議の声を上げながら
噛みついてきました。
そこからしばらくは、ウサギと人間で取っ組み合いの喧嘩です(−_−;
今朝噛まれた怪我の半分は、「そんなに噛みたいなら、さあ噛め!」と
口に手を突っ込んだ結果だったりします。。。


『仰向け抱っこは、診察を受ける時や爪を切る時などに、どうしても必要だよ』
という意見は、色々な場所で目にします。
しかし、ここまで嫌がるものを無理矢理続けることは、
お互いのために良くないんじゃないかという疑問が消えません。
答えは一つではなく、また教科書通りでも無いことは分かります。
今のマーブルに対しては、どうするのが一番良いのか。
一般的な知識を得ようとするよりも、マーブルをよく観察しながら考えないと
いけないのかもしれませんね。


ところで、病院に行く切っ掛けとなった目の異常ですが、
処方された人間用(!)の目薬を差していたら、
涙は治まってきたようです。
牧草を食べるマーブル.jpg
まだ、目頭の毛が少し固まっている時があります。

と、うっかりフラッシュを焚いてしまったせいか、
後ろを向かれてしまいました。
撮影拒否?.jpg

私:マブちゃん、ごめんごめん。こっち向いて〜
マ:・・・・・・。

ふーんっ.jpg

撮影拒否だそうですたらーっ(汗)

posted by 海月(くらげ) at 12:36 | Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。